ポスティングで集客するために抑えておきたいコツとは?

特定の条件に合うエリアに住む消費者の住戸にチラシや広告をポストに投函することをポスティングといいます。

これから集客をしたい人にはポスティングがおすすめです。

この記事では、ポスティングで集客するためのコツや効果測定について解説します。

 

 

 

ポスティングとは?

——

なぜポスティングがおすすめなのか、特徴やメリットを見ていきましょう。

 

そもそもポスティングとは

ポスティングとは、チラシや広告を消費者の家のポストに投函することで自社の商品やサービスを宣伝し、集客につなげる手法です。

 

以前は多くの人が新聞を購読していたため、新聞の折り込みチラシで宣伝をしていましたが、新聞購読者の減少によりポスティングでチラシや広告を配布することが再注目されています。

 

ポスティングは自社で行うことも可能ですが、集客のノウハウを持っているポスティング業者に依頼するケースが増えてきています。

 

 

 

ポスティングが注目される理由

Attention please symbol with megaphone on color background. Monochrome commercial banner poster warning sign. Vector illustration.

紙のチラシや広告は視認性が高いとされています。視認性が高いとは、チラシや広告をぱっと見たときに何の情報なのかを把握しやすく、情報が伝わりやすいものを意味します。

ポスティングされたチラシや広告は、消費者が手にとり内容を確認してから自分に必要なものかそうでないかを判断するでしょう。消費者が必要であると思えば紙のチラシや広告は保管され、必要なときに読むため、反響率が高くなります。そのため、ポスティングは集客に結びつく可能性が高いといえます。

 

 

ポスティングのメリット

 

Web広告は多くの消費者に自社の商品やサービスを宣伝することが可能ですが、必ずしも自社のターゲットに宣伝できるわけではありません。

例えば、ある駅前でエステサロンを開業した場合、見込み客となるのは最寄り駅を利用する人や、その近くのエリアに住んでいる人ですね。このケースでは、多くの消費者に宣伝するよりも、エステサロン付近に住む消費者に宣伝するほうが集客を期待できます。

ポスティングのメリットは特定のエリアに住んでいる人にアプローチし、効率よく集客を狙う点といえるでしょう。

 

 

 

ポスティングでの集客を測定する方法とは?

——

費用をかけて集客を行うのですから、具体的にどのくらい集客につながったのかなど、効果を知りたいところでしょう。ポスティングを行なった際、測定する方法はどのようなものがあるのでしょうか。

チラシにクーポンをつける

ポスティングするチラシや広告にクーポンをつけることで集客の測定が可能です。

なぜなら、消費者はクーポンを持参して来店するからです。チラシを配布した枚数と、回収したクーポンの枚数を計算することで集客を測定できます。

クーポンは通常、消費者が得する仕組みのため集客効果が高く、ポスティング効果の測定も簡単に実施することができます。

クーポンにチラシ配布エリアを識別できる記号や番号をつけておくと、集計したときにどのエリアの反響率が高かったのかを把握することができるのでおすすめです。

 

専用のフリーダイヤルを掲載する

ポスティングするチラシや広告に専用のフリーダイヤルを掲載することも、集客測定の方法です。なぜなら、電話で問い合わせがきた件数をカウントするだけで反応数がわかるからですね。

電話番号を割り当てるためのコストがかかりますが、チラシ経由以外でかかってくる電話と区別ができるため、集客の測定がしやすくなります。

専用のフリーダイヤルに電話がきたときには、記録がとれるようにフォーマットを作成しデータベース化することで顧客情報を管理できます。

 

アンケートを実施する

お客様が店舗に来店した際に、来店のきっかけなどを聞くアンケートを実施することでも集客の測定ができます。来店のきっかけを聞く質問に、「チラシ」という項目を入れるだけでポスティングしたチラシがきっかけで来店したかどうかがわかりますね。

アンケートを実施すると、年齢や住まいのエリア、その他の項目をお客様に聞くことができるため、得られたデータからマーケティング戦略を立てることもできます。

回収したアンケートはデータに残し、次回のポスティングのために活用しましょう。

 

 

 

ポスティングで集客するためのコツとは?

——

最後に、ポスティングで集客する際のコツをご紹介します。

ターゲットを明確にする

先ほども述べたように、ポスティングは特定のエリアに絞って自社のターゲットとなる消費者にアプローチが可能な手法です。そのため、事前にターゲットを決め戦略的にポスティングすることが集客のコツです。

自社のターゲットとなる消費者が住むエリアについて詳しい場合は下調べをすることで効率よくポスティングができますが、自社に知識やノウハウがない場合はポスティング会社に依頼し、確実な集客につなげることも1つの方法です。

 

チラシの掲載内容を見直す

消費者は手にとったチラシや広告が自分に必要なものかどうかを一瞬で判断します。そのため、消費者に一番見てもらいたい内容が含まれているか、その内容が見やすくなっているかを再確認することが大切です。

クーポンを掲載するとより多く集客できるようになりますが、クーポンの内容が消費者にとって魅力的でない場合は集客に結びつきません。消費者目線でどのようなクーポンがあれば来店したくなるかを考えてから掲載することをおすすめします。

 

ポスティングを継続する

ポスティングは一度実施しただけでは期待通りの集客が見込めません。なぜなら、継続してポスティングをすることで消費者が自社を認知し、次第に興味を持った消費者がアクションを起こすからです。

そのためにも効果測定が重要で、ポスティングを実施するごとにどれだけ集客できたのか、どのような人が興味を持ったのかなどをデータ化し、次のポスティング戦略を考えていくことがポイントです。根気よく続けていくことで少しずつ結果が出るのがポスティングの特徴です。

 

 

 

 

まとめ

——

ポスティングは特定のエリアに住む消費者にターゲットを絞ってアプローチできるため、集客が期待できます。

ポスティングは継続して実施することで少しずつ結果が出るため、毎回戦略を考え根気よく続けるといいでしょう。集客の測定をすることも大事なポイントですよ。

ポスティングで集客するために抑えておきたいコツとは?

特定の条件に合うエリアに住む消費者の住戸にチラシや広告をポストに投函することをポスティングといいます。

これから集客をしたい人にはポスティングがおすすめです。

この記事では、ポスティングで集客するためのコツや効果測定について解説します。

 

 

 

ポスティングとは?

——

なぜポスティングがおすすめなのか、特徴やメリットを見ていきましょう。

 

そもそもポスティングとは

ポスティングとは、チラシや広告を消費者の家のポストに投函することで自社の商品やサービスを宣伝し、集客につなげる手法です。

 

以前は多くの人が新聞を購読していたため、新聞の折り込みチラシで宣伝をしていましたが、新聞購読者の減少によりポスティングでチラシや広告を配布することが再注目されています。

 

ポスティングは自社で行うことも可能ですが、集客のノウハウを持っているポスティング業者に依頼するケースが増えてきています。

 

 

 

ポスティングが注目される理由

Attention please symbol with megaphone on color background. Monochrome commercial banner poster warning sign. Vector illustration.

紙のチラシや広告は視認性が高いとされています。視認性が高いとは、チラシや広告をぱっと見たときに何の情報なのかを把握しやすく、情報が伝わりやすいものを意味します。

ポスティングされたチラシや広告は、消費者が手にとり内容を確認してから自分に必要なものかそうでないかを判断するでしょう。消費者が必要であると思えば紙のチラシや広告は保管され、必要なときに読むため、反響率が高くなります。そのため、ポスティングは集客に結びつく可能性が高いといえます。

 

 

ポスティングのメリット

 

Web広告は多くの消費者に自社の商品やサービスを宣伝することが可能ですが、必ずしも自社のターゲットに宣伝できるわけではありません。

例えば、ある駅前でエステサロンを開業した場合、見込み客となるのは最寄り駅を利用する人や、その近くのエリアに住んでいる人ですね。このケースでは、多くの消費者に宣伝するよりも、エステサロン付近に住む消費者に宣伝するほうが集客を期待できます。

ポスティングのメリットは特定のエリアに住んでいる人にアプローチし、効率よく集客を狙う点といえるでしょう。

 

 

 

ポスティングでの集客を測定する方法とは?

——

費用をかけて集客を行うのですから、具体的にどのくらい集客につながったのかなど、効果を知りたいところでしょう。ポスティングを行なった際、測定する方法はどのようなものがあるのでしょうか。

チラシにクーポンをつける

ポスティングするチラシや広告にクーポンをつけることで集客の測定が可能です。

なぜなら、消費者はクーポンを持参して来店するからです。チラシを配布した枚数と、回収したクーポンの枚数を計算することで集客を測定できます。

クーポンは通常、消費者が得する仕組みのため集客効果が高く、ポスティング効果の測定も簡単に実施することができます。

クーポンにチラシ配布エリアを識別できる記号や番号をつけておくと、集計したときにどのエリアの反響率が高かったのかを把握することができるのでおすすめです。

 

専用のフリーダイヤルを掲載する

ポスティングするチラシや広告に専用のフリーダイヤルを掲載することも、集客測定の方法です。なぜなら、電話で問い合わせがきた件数をカウントするだけで反応数がわかるからですね。

電話番号を割り当てるためのコストがかかりますが、チラシ経由以外でかかってくる電話と区別ができるため、集客の測定がしやすくなります。

専用のフリーダイヤルに電話がきたときには、記録がとれるようにフォーマットを作成しデータベース化することで顧客情報を管理できます。

 

アンケートを実施する

お客様が店舗に来店した際に、来店のきっかけなどを聞くアンケートを実施することでも集客の測定ができます。来店のきっかけを聞く質問に、「チラシ」という項目を入れるだけでポスティングしたチラシがきっかけで来店したかどうかがわかりますね。

アンケートを実施すると、年齢や住まいのエリア、その他の項目をお客様に聞くことができるため、得られたデータからマーケティング戦略を立てることもできます。

回収したアンケートはデータに残し、次回のポスティングのために活用しましょう。

 

 

 

ポスティングで集客するためのコツとは?

——

最後に、ポスティングで集客する際のコツをご紹介します。

ターゲットを明確にする

先ほども述べたように、ポスティングは特定のエリアに絞って自社のターゲットとなる消費者にアプローチが可能な手法です。そのため、事前にターゲットを決め戦略的にポスティングすることが集客のコツです。

自社のターゲットとなる消費者が住むエリアについて詳しい場合は下調べをすることで効率よくポスティングができますが、自社に知識やノウハウがない場合はポスティング会社に依頼し、確実な集客につなげることも1つの方法です。

 

チラシの掲載内容を見直す

消費者は手にとったチラシや広告が自分に必要なものかどうかを一瞬で判断します。そのため、消費者に一番見てもらいたい内容が含まれているか、その内容が見やすくなっているかを再確認することが大切です。

クーポンを掲載するとより多く集客できるようになりますが、クーポンの内容が消費者にとって魅力的でない場合は集客に結びつきません。消費者目線でどのようなクーポンがあれば来店したくなるかを考えてから掲載することをおすすめします。

 

ポスティングを継続する

ポスティングは一度実施しただけでは期待通りの集客が見込めません。なぜなら、継続してポスティングをすることで消費者が自社を認知し、次第に興味を持った消費者がアクションを起こすからです。

そのためにも効果測定が重要で、ポスティングを実施するごとにどれだけ集客できたのか、どのような人が興味を持ったのかなどをデータ化し、次のポスティング戦略を考えていくことがポイントです。根気よく続けていくことで少しずつ結果が出るのがポスティングの特徴です。

 

 

 

 

まとめ

——

ポスティングは特定のエリアに住む消費者にターゲットを絞ってアプローチできるため、集客が期待できます。

ポスティングは継続して実施することで少しずつ結果が出るため、毎回戦略を考え根気よく続けるといいでしょう。集客の測定をすることも大事なポイントですよ。

検索