ポスティングの反響率ってどのくらい?反響を高める方法とは?

ポスティングの反響率とは、チラシを投函された消費者のうち、どのくらいの人が実際に自社の商品やサービスを利用したかの割合を指すものです。高い反響率を目指すことで、集客につながります。

 

この記事ではポスティングの反響率について解説します。

 

 

 

ポスティングの強みとは?

——

 

そもそもポスティングにはどのような強みがあるのでしょうか。

 

ポスティングは低コストで始められる

ポスティング業者を活用すると、1枚3円程度の価格設定のため、低コストで始めることができます。印刷から配布をポスティング業者に依頼しても、1000部1万円で対応するポスティング業者があるため、自社で準備する手間を省くことができます。

 

Web広告を出すと、一定期間で数十万円かかるケースがありますのでポスティングは低コストで始められるといえますね。初めて自社のサービスや商品を宣伝したいときにポスティングがおすすめです。

 

 

 

紙の印刷物は視認性が高い

視認性とは目で見たときの確認のしやすさのことですが、紙の印刷物はWebサイトの情報よりも視認性が高いとされています。なぜなら、ポストに投函されたチラシを消費者は手にとって確認するからです。消費者が興味のあるチラシであれば、家に保管し必要なときに見ることもありますが、Web広告は保管できないため後で見直すことは難しいものです。

 

また、継続してポスティングをすることで認知度がアップし、消費者が次第に興味を持つことも期待できます。

 

 

 

ターゲットを絞ってアプローチできる

Web広告などは、幅広く多くの人にアプローチするためには最適な方法ですが、ポスティングはエリアのターゲットを絞ってアプローチが可能です。

 

例えば、新規でエステサロンを開業したとき、エステサロンの最寄り駅付近に住む女性をターゲットとしてチラシをポスティングできます。

 

地域の情報に詳しいポスティング業者に依頼すると、どのエリアにターゲットとなる人たちが住んでいるかという情報を持っていますので、効率的にポスティングすることが可能です。ターゲットを絞ってポスティングすることで、反響率も高くなるでしょう。

 

 

 

 

 

ポスティングの反響率ってどのくらい?

——

費用をかけて集客を行うのですから、反響率は知っておきたいところでしょう。測定の方法、一般的な反響率についてご説明していきます。

 

◇反響率の測定方法

反響率とはポスティングしたチラシの枚数に対して、実際に反響があった件数の比率です。

 

反響数を知るためには、ポスティングしたチラシに反響率を測定するための仕組みを入れておく必要があります。

 

例えばチラシに割引クーポンをつける方法があります。消費者は割引クーポンを持参するので、回収したクーポンの枚数とチラシの配布枚数を計算することで反響率が出せますね。

 

その他には、チラシに二次元コードをつけてアクセス数を調べる方法や専用フリーダイヤルを掲載する方法もあります。

 

 

 

ポスティングの一般的な反響率

ポスティングの方法やチラシの内容にも左右されますが、ポスティングの一般的な反響率は0.1~0.3%が平均です。

ポイントは、チラシのデザインやターゲットに絞ったポスティングがどれだけできているかです。同じ業種でも、チラシの見やすさや内容によって反響率が大きく変わってきます。

そのため、ポスティング専門の業者に依頼をし、ターゲットとなるエリアの決定や反響率が高くなるような消費者目線のチラシデザインを制作することが大切です。

 

 

◇業界別の反響率

ポスティングの反響率は業界によってやや異なります。

 

例えば飲食店の反響率は平均0.3%で一般的な平均値と近いです。その理由は商品が気軽に利用できる価格設定であること、チラシに割引クーポンをつけると消費者がメリットを感じやすいことなどが挙げられます。

 

一方で不動産関係の反響率は0.02%が平均で、一般的な平均値よりも低くなります。なぜなら商品が高額で、本当に必要としている消費者しか問い合わせなどのアクションをとらないからですね。

 

 

 

 

 

ポスティングの反響率を高めるための方法とは?

——

より集客につなげられるよう、反響率が高くなる方法についてご紹介します。

 

目的を明確にする

ポスティングの反響率を上げるには、目標を明確にしておくことが大切です。「集客のため」や「自社の認知度を上げるため」という漠然とした目標ではなく、ターゲットの消費者層、どのくらいの反響率を目標にするのかなど、具体的な目標を立てましょう。

 

具体的な目標を立てた後、ポスティング業者に相談し、ターゲットエリアの設定、チラシデザインの制作を進めていきます。反響率アップのためには、専門の知識を持っているポスティング業者に依頼することをおすすめします。

 

 

 

◇消費者目線のデザインを制作する

消費者がポスティングされたチラシを見るかどうかはデザイン次第です。消費者が手にとったチラシを読むかどうかは一瞬で判断されます。そのため、一瞬で大事な情報が目に入るようなチラシのデザインにすること、情報を多く載せすぎないことが反響率アップのポイントです。

 

消費者にチラシを確実に読んでもらいアクションにつなげるためには、消費者目線のチラシデザインができるポスティング業者に依頼することも1つの方法といえます。

 

反響率の測定を行う

ポスティングは配布して終わりではなく、反響率を測定し次の戦略を考えることが重要です。

 

反響率測定のためには、いつ、どのエリアに、何枚のチラシを配布したかの記録が必要です。ポスティングは継続することで少しずつ成果が出るため、ポスティングのデータを蓄積し分析することで、反響率アップの方法が見えてきます。

 

ポスティングごとにデザインやターゲットを変えてみて、どのパターンの反響率が高かったかを分析し、自社に最適なターゲットやチラシデザインを見つけることもできるでしょう。

 

 

 

まとめ

——

ポスティングの反響率を上げるには、目的の明確化、消費者に見てもらえるようなチラシデザイン、そして反響率の測定を行うことが大切です。

チラシを配布して終わるのではなく、データの蓄積と分析によって次の戦略が見えてくるでしょう。

ポスティングの反響率ってどのくらい?反響を高める方法とは?

ポスティングの反響率とは、チラシを投函された消費者のうち、どのくらいの人が実際に自社の商品やサービスを利用したかの割合を指すものです。高い反響率を目指すことで、集客につながります。

 

この記事ではポスティングの反響率について解説します。

 

 

 

ポスティングの強みとは?

——

 

そもそもポスティングにはどのような強みがあるのでしょうか。

 

ポスティングは低コストで始められる

ポスティング業者を活用すると、1枚3円程度の価格設定のため、低コストで始めることができます。印刷から配布をポスティング業者に依頼しても、1000部1万円で対応するポスティング業者があるため、自社で準備する手間を省くことができます。

 

Web広告を出すと、一定期間で数十万円かかるケースがありますのでポスティングは低コストで始められるといえますね。初めて自社のサービスや商品を宣伝したいときにポスティングがおすすめです。

 

 

 

紙の印刷物は視認性が高い

視認性とは目で見たときの確認のしやすさのことですが、紙の印刷物はWebサイトの情報よりも視認性が高いとされています。なぜなら、ポストに投函されたチラシを消費者は手にとって確認するからです。消費者が興味のあるチラシであれば、家に保管し必要なときに見ることもありますが、Web広告は保管できないため後で見直すことは難しいものです。

 

また、継続してポスティングをすることで認知度がアップし、消費者が次第に興味を持つことも期待できます。

 

 

 

ターゲットを絞ってアプローチできる

Web広告などは、幅広く多くの人にアプローチするためには最適な方法ですが、ポスティングはエリアのターゲットを絞ってアプローチが可能です。

 

例えば、新規でエステサロンを開業したとき、エステサロンの最寄り駅付近に住む女性をターゲットとしてチラシをポスティングできます。

 

地域の情報に詳しいポスティング業者に依頼すると、どのエリアにターゲットとなる人たちが住んでいるかという情報を持っていますので、効率的にポスティングすることが可能です。ターゲットを絞ってポスティングすることで、反響率も高くなるでしょう。

 

 

 

 

 

ポスティングの反響率ってどのくらい?

——

費用をかけて集客を行うのですから、反響率は知っておきたいところでしょう。測定の方法、一般的な反響率についてご説明していきます。

 

◇反響率の測定方法

反響率とはポスティングしたチラシの枚数に対して、実際に反響があった件数の比率です。

 

反響数を知るためには、ポスティングしたチラシに反響率を測定するための仕組みを入れておく必要があります。

 

例えばチラシに割引クーポンをつける方法があります。消費者は割引クーポンを持参するので、回収したクーポンの枚数とチラシの配布枚数を計算することで反響率が出せますね。

 

その他には、チラシに二次元コードをつけてアクセス数を調べる方法や専用フリーダイヤルを掲載する方法もあります。

 

 

 

ポスティングの一般的な反響率

ポスティングの方法やチラシの内容にも左右されますが、ポスティングの一般的な反響率は0.1~0.3%が平均です。

ポイントは、チラシのデザインやターゲットに絞ったポスティングがどれだけできているかです。同じ業種でも、チラシの見やすさや内容によって反響率が大きく変わってきます。

そのため、ポスティング専門の業者に依頼をし、ターゲットとなるエリアの決定や反響率が高くなるような消費者目線のチラシデザインを制作することが大切です。

 

 

◇業界別の反響率

ポスティングの反響率は業界によってやや異なります。

 

例えば飲食店の反響率は平均0.3%で一般的な平均値と近いです。その理由は商品が気軽に利用できる価格設定であること、チラシに割引クーポンをつけると消費者がメリットを感じやすいことなどが挙げられます。

 

一方で不動産関係の反響率は0.02%が平均で、一般的な平均値よりも低くなります。なぜなら商品が高額で、本当に必要としている消費者しか問い合わせなどのアクションをとらないからですね。

 

 

 

 

 

ポスティングの反響率を高めるための方法とは?

——

より集客につなげられるよう、反響率が高くなる方法についてご紹介します。

 

目的を明確にする

ポスティングの反響率を上げるには、目標を明確にしておくことが大切です。「集客のため」や「自社の認知度を上げるため」という漠然とした目標ではなく、ターゲットの消費者層、どのくらいの反響率を目標にするのかなど、具体的な目標を立てましょう。

 

具体的な目標を立てた後、ポスティング業者に相談し、ターゲットエリアの設定、チラシデザインの制作を進めていきます。反響率アップのためには、専門の知識を持っているポスティング業者に依頼することをおすすめします。

 

 

 

◇消費者目線のデザインを制作する

消費者がポスティングされたチラシを見るかどうかはデザイン次第です。消費者が手にとったチラシを読むかどうかは一瞬で判断されます。そのため、一瞬で大事な情報が目に入るようなチラシのデザインにすること、情報を多く載せすぎないことが反響率アップのポイントです。

 

消費者にチラシを確実に読んでもらいアクションにつなげるためには、消費者目線のチラシデザインができるポスティング業者に依頼することも1つの方法といえます。

 

反響率の測定を行う

ポスティングは配布して終わりではなく、反響率を測定し次の戦略を考えることが重要です。

 

反響率測定のためには、いつ、どのエリアに、何枚のチラシを配布したかの記録が必要です。ポスティングは継続することで少しずつ成果が出るため、ポスティングのデータを蓄積し分析することで、反響率アップの方法が見えてきます。

 

ポスティングごとにデザインやターゲットを変えてみて、どのパターンの反響率が高かったかを分析し、自社に最適なターゲットやチラシデザインを見つけることもできるでしょう。

 

 

 

まとめ

——

ポスティングの反響率を上げるには、目的の明確化、消費者に見てもらえるようなチラシデザイン、そして反響率の測定を行うことが大切です。

チラシを配布して終わるのではなく、データの蓄積と分析によって次の戦略が見えてくるでしょう。

検索