【必見】ポスティングチラシの配色の黄金比とは?

配色の黄金比

——
ポスティングチラシには配色の黄金比がある事をご存知ですか?
もちろん、デザインには基本的なルールがありますが、
ポスターやインテリアとは違い、情報量がかなり多いポスティングチラシでは
デザインの基本的な配色ルールと少し違った配色を行っています。

今回の記事ではそのポスティングチラシに置ける
配色の黄金比について説明していきます。

 

 

◇一般的な配色では6:3:1ルール


デザインの基本的な配色ルールとして、最も簡単なものは、6:3:1ルールというものがあります。
チラシデザインに限らずインテリアや料理の盛り付けなどにも活用できる万能な法則と呼ばれています。
一般的な配色では 6割をメイン、3割を補色、1割をアクセントカラーというルールです。

 

 

◇ポスティングチラシの6:3:1ルール


ポスティングチラシの配色ルール
ポスティングチラシでは6割がメイン、3割をサブ(類似色など)、1割を締め色(補色など)、一般的な配色より全体的なイメージカラーの強い配分になっています。
なぜ全体的なイメージの強い配分を決めるかというとパッと見で何の広告か分かるようにする事で広告を見た人の記憶に残りやすくすることができるからです。
かと言って単色のみの配色であっさりしすぎると、メリハリがなくなってしまい、逆に印象が薄くなってしまいます。
メインの他に3割をサブ(類似色など)、1割を締め色(補色など)で
メリハリや賑やかさを加えるのがいいでしょう。

6:3:1の配色の中でも、ポスティングチラシのデザインでは
感覚だけで配色をすることはできません。

あくまでポスティングチラシは、多くの情報を読んでもらわなければなりません。
6:3:1の配色は守りつつ内容に沿った配色が必要になってきます。

 

 

内容に沿った配色を行うためにも今回は

1.内容に沿った配色ルール

2.やりがちNG配色

3.原稿に合わせた色の選び方

についてピックアップしながら配色ルールを見ていきます。

 

 

 

配色の黄金比 「内容に沿った配色ルール」

——
前項でも述べたようにポスティングチラシはポスターなどと違い、
チラシ一枚に対する情報量がかなり多く複雑になっています。
もし、内容を意識せずに作ってしまうと、どこからどこまでが同じ内容だったのか、
本当に見て欲しい部分にパッと目がいかないような
分かりにくいチラシが出来上がってしまいます。

ですから、
同じ意味の言葉や内容は色を統一させて関連を持たせるなど、
内容に沿った配色を心がけてあげましょう。
6:3:1の配色内で、6割のメインカラーで使用する部分は話の大筋やインフォ部分など、面積比の多い部分に使用し、3割のサブカラーはメインの情報を補足している内容や、内容が少し異なる部分1割の締め色は特に見て欲しいポイントに使用するなど
ルールを決めてあげると、比較的まとまりやすく、かつ配色ルールを守ってデザインすることができます。

 

 

やりがちNG配色

——

チラシを作る際には6:3:1ルールと内容に沿った配色のルールを
意識しながら作らなければならないわけですが、
どうしてもデザインをしているとどちらか一方に気が取られがちになります。
では片方だけに気が取られると起きがちなNG配色を見ていきましょう。
もし、このような印象になったら、もう一度どちらのルールも踏まえられてるか、確認する目安にしてみてください。

 

 

 

◇配色のルールを意識しすぎると


内容に沿った配色のルールを意識しすぎると
内容別に色を分けようとしすぎて、配色面積が均一になってしましまい、色の印象が残らないという配色ミスが起きることがあります。
特にコースや成分ごとに色を分けると、色が増えるのでこう言った状況に陥りがちになります。
絶対に分けた方がいい部分以外を、メインに置き換えられないか今一度確認してみましょう。

 

 

 

◇6:3:1ルールを意識しすぎると


6:3:1ルールを意識しすぎると、内容とちぐはぐで読み進めにくくなるのは前項で述べましたが、もう一つ起きがちなやりがちNG配色として、
6:3:1で決めた色味を一生懸命置こうとして、全体に色を置いてしまい
ぬけ感がなくなるという配色です。

全てに頑張って色を置いてしまうと、息を抜いて読める部分がなくなってしまいます。
疲れるデザインだなと感じたらあえて何も置かない、6:3:1の濃淡が薄いものを使用するなどしてみましょう。

 

 

 

 

 

原稿に合わせた色の選び方

——

チラシ原稿の種類によっては雰囲気を出すために、
相性のいいカラーや相性の悪いカラーというものがあります。
カラーを決める際には色の調和だけではなく、現行の種類や、値段設定、地域性を意識してみましょう。
もちろんお客様の好みがある場合やもうすでに商品イメージのカラーが決まっている場合は
そちらを優先してください。

 

 

◇チラシ原稿の種類と色について


脱毛やフェイシャルは清潔感や肌を連想させる色味などが相性が良いとされています。
脱毛の場合は毛を意識させてしまう黒を避けたり、フェイシャルでは痛そうな印象を避けるため比較的淡い色味など優しい色味が効果的でしょう。

痩身チラシの場合、効果がありそうな雰囲気を出したり、
施術の際には水着になったりするので、寒そうなイメージにしないためにも
オレンジや茶色、赤など暖かい色味の相性が良いとされています。

医療系のチラシを制作する場合には、清潔感や信頼感が重視されますので
白場を多くとり、青や緑といった爽やかな色味で作るのがおすすめです。

 

 

◇地域性・値段と色について


関東はキレイ目、地方は強めの色味が良い傾向にあります。
もちろんその時期の流行りもありますので、絶対ではありません。
値段では安さを出したいものは薄い色味で明るく、
高級系は負い目でシックにまとめると雰囲気が出やすいです。

 

以上のポイントを意識してキーカラーを保持しながら、
色数を増やしたい際には、色相を意識してトーンを統一してみてください。

またこれ以外にもターゲットの好みそうな色味を使ったり、
季節を意識した原稿なら、季節感を出した配色も効果的です。
参考を見たい方はこちらをご覧ください

【必見】ポスティングチラシの配色の黄金比とは?

配色の黄金比

——
ポスティングチラシには配色の黄金比がある事をご存知ですか?
もちろん、デザインには基本的なルールがありますが、
ポスターやインテリアとは違い、情報量がかなり多いポスティングチラシでは
デザインの基本的な配色ルールと少し違った配色を行っています。

今回の記事ではそのポスティングチラシに置ける
配色の黄金比について説明していきます。

 

 

◇一般的な配色では6:3:1ルール


デザインの基本的な配色ルールとして、最も簡単なものは、6:3:1ルールというものがあります。
チラシデザインに限らずインテリアや料理の盛り付けなどにも活用できる万能な法則と呼ばれています。
一般的な配色では 6割をメイン、3割を補色、1割をアクセントカラーというルールです。

 

 

◇ポスティングチラシの6:3:1ルール


ポスティングチラシの配色ルール
ポスティングチラシでは6割がメイン、3割をサブ(類似色など)、1割を締め色(補色など)、一般的な配色より全体的なイメージカラーの強い配分になっています。
なぜ全体的なイメージの強い配分を決めるかというとパッと見で何の広告か分かるようにする事で広告を見た人の記憶に残りやすくすることができるからです。
かと言って単色のみの配色であっさりしすぎると、メリハリがなくなってしまい、逆に印象が薄くなってしまいます。
メインの他に3割をサブ(類似色など)、1割を締め色(補色など)で
メリハリや賑やかさを加えるのがいいでしょう。

6:3:1の配色の中でも、ポスティングチラシのデザインでは
感覚だけで配色をすることはできません。

あくまでポスティングチラシは、多くの情報を読んでもらわなければなりません。
6:3:1の配色は守りつつ内容に沿った配色が必要になってきます。

 

 

内容に沿った配色を行うためにも今回は

1.内容に沿った配色ルール

2.やりがちNG配色

3.原稿に合わせた色の選び方

についてピックアップしながら配色ルールを見ていきます。

 

 

 

配色の黄金比 「内容に沿った配色ルール」

——
前項でも述べたようにポスティングチラシはポスターなどと違い、
チラシ一枚に対する情報量がかなり多く複雑になっています。
もし、内容を意識せずに作ってしまうと、どこからどこまでが同じ内容だったのか、
本当に見て欲しい部分にパッと目がいかないような
分かりにくいチラシが出来上がってしまいます。

ですから、
同じ意味の言葉や内容は色を統一させて関連を持たせるなど、
内容に沿った配色を心がけてあげましょう。
6:3:1の配色内で、6割のメインカラーで使用する部分は話の大筋やインフォ部分など、面積比の多い部分に使用し、3割のサブカラーはメインの情報を補足している内容や、内容が少し異なる部分1割の締め色は特に見て欲しいポイントに使用するなど
ルールを決めてあげると、比較的まとまりやすく、かつ配色ルールを守ってデザインすることができます。

 

 

やりがちNG配色

——

チラシを作る際には6:3:1ルールと内容に沿った配色のルールを
意識しながら作らなければならないわけですが、
どうしてもデザインをしているとどちらか一方に気が取られがちになります。
では片方だけに気が取られると起きがちなNG配色を見ていきましょう。
もし、このような印象になったら、もう一度どちらのルールも踏まえられてるか、確認する目安にしてみてください。

 

 

 

◇配色のルールを意識しすぎると


内容に沿った配色のルールを意識しすぎると
内容別に色を分けようとしすぎて、配色面積が均一になってしましまい、色の印象が残らないという配色ミスが起きることがあります。
特にコースや成分ごとに色を分けると、色が増えるのでこう言った状況に陥りがちになります。
絶対に分けた方がいい部分以外を、メインに置き換えられないか今一度確認してみましょう。

 

 

 

◇6:3:1ルールを意識しすぎると


6:3:1ルールを意識しすぎると、内容とちぐはぐで読み進めにくくなるのは前項で述べましたが、もう一つ起きがちなやりがちNG配色として、
6:3:1で決めた色味を一生懸命置こうとして、全体に色を置いてしまい
ぬけ感がなくなるという配色です。

全てに頑張って色を置いてしまうと、息を抜いて読める部分がなくなってしまいます。
疲れるデザインだなと感じたらあえて何も置かない、6:3:1の濃淡が薄いものを使用するなどしてみましょう。

 

 

 

 

 

原稿に合わせた色の選び方

——

チラシ原稿の種類によっては雰囲気を出すために、
相性のいいカラーや相性の悪いカラーというものがあります。
カラーを決める際には色の調和だけではなく、現行の種類や、値段設定、地域性を意識してみましょう。
もちろんお客様の好みがある場合やもうすでに商品イメージのカラーが決まっている場合は
そちらを優先してください。

 

 

◇チラシ原稿の種類と色について


脱毛やフェイシャルは清潔感や肌を連想させる色味などが相性が良いとされています。
脱毛の場合は毛を意識させてしまう黒を避けたり、フェイシャルでは痛そうな印象を避けるため比較的淡い色味など優しい色味が効果的でしょう。

痩身チラシの場合、効果がありそうな雰囲気を出したり、
施術の際には水着になったりするので、寒そうなイメージにしないためにも
オレンジや茶色、赤など暖かい色味の相性が良いとされています。

医療系のチラシを制作する場合には、清潔感や信頼感が重視されますので
白場を多くとり、青や緑といった爽やかな色味で作るのがおすすめです。

 

 

◇地域性・値段と色について


関東はキレイ目、地方は強めの色味が良い傾向にあります。
もちろんその時期の流行りもありますので、絶対ではありません。
値段では安さを出したいものは薄い色味で明るく、
高級系は負い目でシックにまとめると雰囲気が出やすいです。

 

以上のポイントを意識してキーカラーを保持しながら、
色数を増やしたい際には、色相を意識してトーンを統一してみてください。

またこれ以外にもターゲットの好みそうな色味を使ったり、
季節を意識した原稿なら、季節感を出した配色も効果的です。
参考を見たい方はこちらをご覧ください

関連コラム

関連コラム