ポスティングチラシ作りで重要な「重なりと目線誘導」のコツとは?

重なりと目線誘導

——
チラシ製作をしていて、何かグッと来ない…大事なものに目がいかない…
そんな経験はありませんか?
それはポスティングチラシで重要な「重なりと目線誘導」が出来ていないからなんです。
この記事ではその「重なりと目線誘導」の関係性について説明していきます。

 

◇重なりの多い広告と重なりの少ない広告


ポスティングにかかわらず、広告目的に応じてデザインをする時には
粗のデザインと密のデザインという選択肢があります。

 

 

粗のデザインというのはブランドイメージのための
カッコいいポスターであったりお洒落なパッケージなど
比較的スッキリとしているデザインを主にここでは言います。
粗のデザインでは情報が少ないですが、
空きや写真などをうまく利用し伝えたいものの空間や世界観に引き込むことで消費者の心をつかみます。

 

 

では、密のデザインとは、
わかりやすいもので言うとカップラーメンや冷凍食品、薬品など
商品の情報をこれでもかと詰め込んだデザインのことをここでは示します。
リードが作るポスティングチラシも密のデザインに当てはまります。
つまり密のデザインでは、お得情報などのメリットを伝えることで消費者の心をつかみます。

 

 

しかし、ポスティングチラシのような密のデザインでは情報量が多いため、
粗のデザインよりも内容の整理や見て欲しい内容の順位づけが必要になってきます。
その順位づけや目線誘導のためのデザインする上で重要なのが「重なり」です。

 

 

もちろん、だた重なりを付ければいいと言うわけではありません。
闇雲に重ねてしまえば、情報がゴチャつき散らかった印象になってしまい、
本当に見て欲しいところに目がいかなくなってしまいます。
そこで、今回はこの「重なりのルール」に注目していきたいと思います。

 

 

 

以下の6つのルールを意識すれば、読みやすい重なりがマスターできるはずです。

1.基本的な読み方を意識した重なりを作ろう

2.メインを迫り出すための重なりを作ろう

3.視線を引っ張るための重なりを作ろう

4.重なりには逃げ道を作ろう

5.順序に反した重なりを避けよう

6.識字率の下がる重なりを避けよう

 

 

 

 

ポスティング広告 重なりのルール 1「基本的なの読み方を意識した重なりを作ろう」

——

ポスティングチラシなどの誌面には基本的な読み方のルールというものがあります。
横書きの場合はZを描くように、縦書きの場合はNを描くように読み進めるのが基本です。
重なりもこの基本のルールを意識していると、読み進めやすい誌面が出来上がります。

 

 

◇横書きのZの動きの場合


まずはZの始点に日付やキャンペーン名など目のつくものを置き、
メインコピーなどで視線を横に流した後、
メインビジュアルの写真や、ポイントを記載したアイコン、コンテンツなどで下に
目線を引っ張るといった具合です。
さらにここでメインコピーとメインビジュアルが重なりや関わりを持たせて配置すると、
ポスティングの内容を消費者に伝わりやすくなる効果もあります。

 

勿論、これはあくまで一例でこれだけに限りませんが、このように読む流れを意識した重なりを作ると内容どうしが喧嘩せず一枚絵として機能しやすい傾向にあります。

 

真っ直ぐに下に視線を下ろしたいデザインの場合、端から中央に向かって厚みを持たせると中央に目がいきやすくなりストンと視線を誘導することがしやすくなります。ただ左右対象で、納まりが良くなり過ぎる傾向があるので、どこかポイントで、視線を揺らしてあげることで楽しげな誌面ができます。

 

 

◇縦書きのNの動きの場合


ポスティングチラシではあまり縦書きの組みは行いません。
というのもポスティングチラシはポストに投函される際、2つ折にされて投函される可能性が高いので
メインのコピーや情報が途中で切れてしまう可能性があるというのと、
読む時に縦の振り幅が大きいほど読むのに労力がかかるためです。
縦書きを使用する場合、横書きと併用して使用しましょう。

 

もし縦書きを行う場合はこちらも流れの起点にアイキャッチをおくと読みやすくなります。
右上から左下に話が流れていくので、その流れもを邪魔しないように左上と右下にビジュアルをおくと比較的読みやすい紙面になります。

 

 

 

 

ポスティング広告 重なりのルール 2「メインを迫り出すための重なりを作ろう」

——

前項では読み方に沿った重なりを述べましたが、
ここでは読んで欲しい情報の優先度を意識した重なりに注目したいとおもいます。

 

ポスティングチラシではポストから出して郵便物をチェックしたその瞬間で反響が左右されます。
ぱっと見の数秒の間で伝えなくてはならないので、見せたい情報が目に入らなければ意味がありません。
そこで読んで欲しいメインを前に迫り出させることで、ぱっと見た時に伝わる言葉や印象を調節しましょう。

 

でもルール1で「読む順って言ったじゃん!」「結局どっちを前に迫り出すの?」って思う方もいるでしょう、
ルール1では読む順番に沿った重なりの登場順(どこと、どこが重なっているか)
ルール2ではその重なりの中で上下の順番(どちらがより迫り出しているか)です。

 

そうです。かなり複雑です。
これを調整するから読みやすさと、引き込まれる世界観が生まれるんです。

 

 

 

◇重なりの基本形


基本形としては
背景→人物や商品→メインコピー→差別化ポイント
というように上に盛り盛り積んでいくとうまくいきやすいです。
優先度的にはメインコピーが一番上に来そうですが、
メインビジュアルとセットで扱うことが多いぶん、面積比も多いのでこのぐらいでも一番目に入ってきます。
さらに、メインビジュアルに人物を使う場合は体の向きや顔の向きにメインコピーを配置することで、かなり目に入りやすい状態になります。

 

この状態で差別化のポイントが奥にあると、目に入らないで終わってしまったり、乱雑さや、窮屈な印象を与えてしまうので、この順番がオススメです。

 

 

 

ポスティング広告 重なりのルール3「視線を引っ張るための重なりを作ろう」

——

読み込むとなると基本形ではZやNの形で読み進めると言いましたが、
ポスティング裏面では情報がかなり多いため、細かな視線誘導が必要になっていきます。

 

「え…まだ複雑化するの!?」ともう嫌になった方もいると思います。
そういう方は弊社はデザイン業務を請け負っておりますので、是非!お気軽にご相談ください!

 

そうではない方に「視線を引っ張るための重なり」のコツをご紹介しますが、
実はこの重なりはそこまで難しい重なりではありません。
一つのコンテンツを読み終わったときに、次はこっちを見てね!ここから始まるよ!と言った主張をするためにコンテンツの始まりに、繋ぎの文言やポイントのアイコンを置きましょう、ただそれだけです。

 

さらに楽しげな誌面を作って消費者の心を掴みたいという方は、
切り抜き写真をうまく使って見ましょう。
視線誘導のためのアイコンをおいたとしても、
ポスティングの裏面は特に文章と図解が多く、四角四面で単調になりがちです。
そこでその図解の奥や、タイトルと絡める形で
上のコンテンツと次のコンテンツをつなげる重なりを切り抜きの写真で作ると、
楽しげに、視線誘導も兼ねた視線誘導ができるでしょう。

 

ただこのときスペースを考えず置いてしまったり、誘導ばかり多くなってしまうとかなり乱雑な誌面になってしまうので注意が必要です。

 

 

 

 

ポスティング広告 重なりのルール4「重なりには逃げ道を作ろう」

——

ここまで重なりが多くなって来ると、重なりを作ろうとしたがために
ポッカリ変なアキができてしまった…というのが陥りやすい罠です。

 

このポッカリ囲まれたアキ、実はかなり目を引く空間になります。
周りがもので引き詰まった密のデザインだからこそ、
空いてしまったアキは悪目立ちしてしまうのです。

 

何故このアキができてしまうかと言うと、
デザインの基本である「揃え」をすっ飛ばして重なりばかりを追ってしまっているからです。
先に重なりを意識しすぎるとこういった、変なアキができてしまったという状態になってしまうので、まずは綺麗に揃えていれてから、より目立ちたいところや、読ませたい部分に誘導するために後から振ったり飾りをつけたりするのが良いでしょう。

 

また、アキでも角から抜けられるようなアキであれば、
画面の窮屈感を抑え広がりをデザインできるので、
アキを作っちゃダメだと全部埋めないように気をつけましょう。

 

 

 

 

ポスティング広告 重なりのルール5「順序に反した重なりを避けよう」

——

これも、前項のように重なりだけを意識してしまったがために陥りがちなかさなりです。
「重なりが必要なんでしょ」とただ闇雲に重ねてしまうことで、
読んで欲しい情報に視線を引っ張れず、意図しない部分に目線が言ってしまうことになります。

 

ここで気をつけるべき点は次にどこを読んで欲しいかはもちろん、
どことどこがセットの情報なのか、内容を意識することです。
意図しない目線誘導の重なりには、
内容のグルーピングがおろそかになっていることが多いです。

 

グルーピングの意識がされていれば、
内容ごとにマージンがしっかり取ることになるので、
違うコンテンツと変に重なることはなくなります。

 

その上で、ルール3でも説明したように、
「次はここだよ」という重なりをつければスッキリ読み進めやすく重なりをつけられるようになると思います。

 

 

 

ポスティング広告 重なりのルール5「識字率の下がる重なりを避けよう」

——

要素を重ねていくと、要素同士のマージンを圧迫してしまい読みづらさを感じさせてしまたっり、
大事な文字が見えない、読めないといったことも起こりえます。

 

特に重要なテキストなどの要素や説明するための図解などで重なりをつけようとすると起こりやすい現象です。
できる限りその他の要素をアイコン化し頭で重なりをつけたり、
写真を使用して重なりをつけるのがいいでしょう。

 

メイン要素で重なりをつける場合は前項で記述したように
内容と内容のグリーピングを意識した上で重なりをつけるようにしましょう。

 

ここまで重なりについて語りましたが、完成形がどうなるのか分からないという方は
作例を載せたページをご覧ください。

ポスティングチラシ作りで重要な「重なりと目線誘導」のコツとは?

重なりと目線誘導

——
チラシ製作をしていて、何かグッと来ない…大事なものに目がいかない…
そんな経験はありませんか?
それはポスティングチラシで重要な「重なりと目線誘導」が出来ていないからなんです。
この記事ではその「重なりと目線誘導」の関係性について説明していきます。

 

◇重なりの多い広告と重なりの少ない広告


ポスティングにかかわらず、広告目的に応じてデザインをする時には
粗のデザインと密のデザインという選択肢があります。

 

 

粗のデザインというのはブランドイメージのための
カッコいいポスターであったりお洒落なパッケージなど
比較的スッキリとしているデザインを主にここでは言います。
粗のデザインでは情報が少ないですが、
空きや写真などをうまく利用し伝えたいものの空間や世界観に引き込むことで消費者の心をつかみます。

 

 

では、密のデザインとは、
わかりやすいもので言うとカップラーメンや冷凍食品、薬品など
商品の情報をこれでもかと詰め込んだデザインのことをここでは示します。
リードが作るポスティングチラシも密のデザインに当てはまります。
つまり密のデザインでは、お得情報などのメリットを伝えることで消費者の心をつかみます。

 

 

しかし、ポスティングチラシのような密のデザインでは情報量が多いため、
粗のデザインよりも内容の整理や見て欲しい内容の順位づけが必要になってきます。
その順位づけや目線誘導のためのデザインする上で重要なのが「重なり」です。

 

 

もちろん、だた重なりを付ければいいと言うわけではありません。
闇雲に重ねてしまえば、情報がゴチャつき散らかった印象になってしまい、
本当に見て欲しいところに目がいかなくなってしまいます。
そこで、今回はこの「重なりのルール」に注目していきたいと思います。

 

 

 

以下の6つのルールを意識すれば、読みやすい重なりがマスターできるはずです。

1.基本的な読み方を意識した重なりを作ろう

2.メインを迫り出すための重なりを作ろう

3.視線を引っ張るための重なりを作ろう

4.重なりには逃げ道を作ろう

5.順序に反した重なりを避けよう

6.識字率の下がる重なりを避けよう

 

 

 

 

ポスティング広告 重なりのルール 1「基本的なの読み方を意識した重なりを作ろう」

——

ポスティングチラシなどの誌面には基本的な読み方のルールというものがあります。
横書きの場合はZを描くように、縦書きの場合はNを描くように読み進めるのが基本です。
重なりもこの基本のルールを意識していると、読み進めやすい誌面が出来上がります。

 

 

◇横書きのZの動きの場合


まずはZの始点に日付やキャンペーン名など目のつくものを置き、
メインコピーなどで視線を横に流した後、
メインビジュアルの写真や、ポイントを記載したアイコン、コンテンツなどで下に
目線を引っ張るといった具合です。
さらにここでメインコピーとメインビジュアルが重なりや関わりを持たせて配置すると、
ポスティングの内容を消費者に伝わりやすくなる効果もあります。

 

勿論、これはあくまで一例でこれだけに限りませんが、このように読む流れを意識した重なりを作ると内容どうしが喧嘩せず一枚絵として機能しやすい傾向にあります。

 

真っ直ぐに下に視線を下ろしたいデザインの場合、端から中央に向かって厚みを持たせると中央に目がいきやすくなりストンと視線を誘導することがしやすくなります。ただ左右対象で、納まりが良くなり過ぎる傾向があるので、どこかポイントで、視線を揺らしてあげることで楽しげな誌面ができます。

 

 

◇縦書きのNの動きの場合


ポスティングチラシではあまり縦書きの組みは行いません。
というのもポスティングチラシはポストに投函される際、2つ折にされて投函される可能性が高いので
メインのコピーや情報が途中で切れてしまう可能性があるというのと、
読む時に縦の振り幅が大きいほど読むのに労力がかかるためです。
縦書きを使用する場合、横書きと併用して使用しましょう。

 

もし縦書きを行う場合はこちらも流れの起点にアイキャッチをおくと読みやすくなります。
右上から左下に話が流れていくので、その流れもを邪魔しないように左上と右下にビジュアルをおくと比較的読みやすい紙面になります。

 

 

 

 

ポスティング広告 重なりのルール 2「メインを迫り出すための重なりを作ろう」

——

前項では読み方に沿った重なりを述べましたが、
ここでは読んで欲しい情報の優先度を意識した重なりに注目したいとおもいます。

 

ポスティングチラシではポストから出して郵便物をチェックしたその瞬間で反響が左右されます。
ぱっと見の数秒の間で伝えなくてはならないので、見せたい情報が目に入らなければ意味がありません。
そこで読んで欲しいメインを前に迫り出させることで、ぱっと見た時に伝わる言葉や印象を調節しましょう。

 

でもルール1で「読む順って言ったじゃん!」「結局どっちを前に迫り出すの?」って思う方もいるでしょう、
ルール1では読む順番に沿った重なりの登場順(どこと、どこが重なっているか)
ルール2ではその重なりの中で上下の順番(どちらがより迫り出しているか)です。

 

そうです。かなり複雑です。
これを調整するから読みやすさと、引き込まれる世界観が生まれるんです。

 

 

 

◇重なりの基本形


基本形としては
背景→人物や商品→メインコピー→差別化ポイント
というように上に盛り盛り積んでいくとうまくいきやすいです。
優先度的にはメインコピーが一番上に来そうですが、
メインビジュアルとセットで扱うことが多いぶん、面積比も多いのでこのぐらいでも一番目に入ってきます。
さらに、メインビジュアルに人物を使う場合は体の向きや顔の向きにメインコピーを配置することで、かなり目に入りやすい状態になります。

 

この状態で差別化のポイントが奥にあると、目に入らないで終わってしまったり、乱雑さや、窮屈な印象を与えてしまうので、この順番がオススメです。

 

 

 

ポスティング広告 重なりのルール3「視線を引っ張るための重なりを作ろう」

——

読み込むとなると基本形ではZやNの形で読み進めると言いましたが、
ポスティング裏面では情報がかなり多いため、細かな視線誘導が必要になっていきます。

 

「え…まだ複雑化するの!?」ともう嫌になった方もいると思います。
そういう方は弊社はデザイン業務を請け負っておりますので、是非!お気軽にご相談ください!

 

そうではない方に「視線を引っ張るための重なり」のコツをご紹介しますが、
実はこの重なりはそこまで難しい重なりではありません。
一つのコンテンツを読み終わったときに、次はこっちを見てね!ここから始まるよ!と言った主張をするためにコンテンツの始まりに、繋ぎの文言やポイントのアイコンを置きましょう、ただそれだけです。

 

さらに楽しげな誌面を作って消費者の心を掴みたいという方は、
切り抜き写真をうまく使って見ましょう。
視線誘導のためのアイコンをおいたとしても、
ポスティングの裏面は特に文章と図解が多く、四角四面で単調になりがちです。
そこでその図解の奥や、タイトルと絡める形で
上のコンテンツと次のコンテンツをつなげる重なりを切り抜きの写真で作ると、
楽しげに、視線誘導も兼ねた視線誘導ができるでしょう。

 

ただこのときスペースを考えず置いてしまったり、誘導ばかり多くなってしまうとかなり乱雑な誌面になってしまうので注意が必要です。

 

 

 

 

ポスティング広告 重なりのルール4「重なりには逃げ道を作ろう」

——

ここまで重なりが多くなって来ると、重なりを作ろうとしたがために
ポッカリ変なアキができてしまった…というのが陥りやすい罠です。

 

このポッカリ囲まれたアキ、実はかなり目を引く空間になります。
周りがもので引き詰まった密のデザインだからこそ、
空いてしまったアキは悪目立ちしてしまうのです。

 

何故このアキができてしまうかと言うと、
デザインの基本である「揃え」をすっ飛ばして重なりばかりを追ってしまっているからです。
先に重なりを意識しすぎるとこういった、変なアキができてしまったという状態になってしまうので、まずは綺麗に揃えていれてから、より目立ちたいところや、読ませたい部分に誘導するために後から振ったり飾りをつけたりするのが良いでしょう。

 

また、アキでも角から抜けられるようなアキであれば、
画面の窮屈感を抑え広がりをデザインできるので、
アキを作っちゃダメだと全部埋めないように気をつけましょう。

 

 

 

 

ポスティング広告 重なりのルール5「順序に反した重なりを避けよう」

——

これも、前項のように重なりだけを意識してしまったがために陥りがちなかさなりです。
「重なりが必要なんでしょ」とただ闇雲に重ねてしまうことで、
読んで欲しい情報に視線を引っ張れず、意図しない部分に目線が言ってしまうことになります。

 

ここで気をつけるべき点は次にどこを読んで欲しいかはもちろん、
どことどこがセットの情報なのか、内容を意識することです。
意図しない目線誘導の重なりには、
内容のグルーピングがおろそかになっていることが多いです。

 

グルーピングの意識がされていれば、
内容ごとにマージンがしっかり取ることになるので、
違うコンテンツと変に重なることはなくなります。

 

その上で、ルール3でも説明したように、
「次はここだよ」という重なりをつければスッキリ読み進めやすく重なりをつけられるようになると思います。

 

 

 

ポスティング広告 重なりのルール5「識字率の下がる重なりを避けよう」

——

要素を重ねていくと、要素同士のマージンを圧迫してしまい読みづらさを感じさせてしまたっり、
大事な文字が見えない、読めないといったことも起こりえます。

 

特に重要なテキストなどの要素や説明するための図解などで重なりをつけようとすると起こりやすい現象です。
できる限りその他の要素をアイコン化し頭で重なりをつけたり、
写真を使用して重なりをつけるのがいいでしょう。

 

メイン要素で重なりをつける場合は前項で記述したように
内容と内容のグリーピングを意識した上で重なりをつけるようにしましょう。

 

ここまで重なりについて語りましたが、完成形がどうなるのか分からないという方は
作例を載せたページをご覧ください。

関連コラム

関連コラム