チラシで伝えるための極意とは?正しい順位付けの方法について解説!

一目でわかるポスティング広告 伝えたいことの順位付け編

——
今回は「一目見ただけで内容がわかる広告」に注目していきます。

ポスティングチラシやLPなどの広告は、
ただカッコいいデザインを作ればいいというものではありません。
もちろんカッコイイからこそ注目される場合もありますが、
多くの場合、商品やサービスについて消費者に広く知らせ、
人の関心を引きつけ集客するという役割が広告にはあります。

人の関心を引きつけるには、伝えたいことは明確に、
有益な情報をしっかり提示する
ことが大事です。

人と会話をしていても、言葉が足りずに意図が掴めなかったり、
だらだら長いばかりで何言いたいのかわからない…
そんな会話ストレスですよね。

伝えたいことが明確に伝われば消費者もストレスなく有益な情報を得られますし、
より多くの人に自社の商品やサービスを知って購入してもらえることにつながります。

だからこそ、広告において「伝えたいことの順位付け」は
とても大事な工程です。

まず消費者に伝えたいことをしっかり伝えるために優先順位をつけ、
そして重要な順に大きく目立たせたり、色を変えたり、写真やイラストなどを組み合わせることで
内容をより伝わりやすくすることができます。

しかし、この時陥りがちなのが…
全部大事だから、全部目立たせようとして、
それぞれが主張し合い逆に目立たなくなってしまうという現象です。

分かります、大切な商品ですから、
魅力はたくさんあって全部伝えたい気持ち…
でも、ここは少し我慢です。
熱中するあまり怒涛にしゃべって、相手が取り残されてしまわないように。

商品やサービスに沢山魅力があると順位をつけるのも難しいと思います。
でも安心してください。
伝えたいことの順位づけにはコツがありこれさえ覚えておけば、
簡単に話を整理することができるようになります。

 

 

◇順位付けのポイント

  1. 何の広告なのか
  2. どんな特徴があるのか
  3. 購入するとどうなるのか
  4. 今行動すればお得な理由、今行動すべき理由
  5. なぜ、それを叶えられるのか
  6. 実際の実例
  7. その他の魅力

です。
なぜこの順番なのかは「消費者の心の順番」で詳しく説明しています。

 

 

 

ポスティング広告 伝えたいことの順位付け 1「何の広告なのか」

——
ポスティングに限らずLPなどのどんな広告媒体でも
エステやクリニック、美容商材、どんな商品サービスでも欠かすことのできない
一番大切な項目はその広告が
「何の広告なのか」という事です。

どんなに魅力を語っても、「で?何について語ってるの?」となったら
その疑問が頭に残って話が中途半端にしか伝わらなくなってしまいます。

だからこそメインコピーには「何処のどんな商品なのか」を簡潔に
そして最初に目に入るところに置くことがポイントです。

基本的にはメインコピーはこのように一番大事なことを伝えることが多いため
大きく扱うことになります。
しかしコピーが少し長くなってしまった場合には全て大きくしてしまうと、
読みにくくなってしまう
ので、
改行したり、大事なワードだけを大きしたり、ビジュアル文字にするなどの工夫で見易くしてあげるといいでしょう。

この時、メインコピーは読ませる事が一番の目的ということを忘れずに、
読みにくくならない程度の加工に収めるのがポイントです。

 

 

 

 

ポスティング広告 伝えたいことの順位付け 2「どんな特徴があるのか」

——

やはり消費者が気になるのはこの商品ならではの特徴です。
様々な商品がある中で、この商品を選ぶ理由が必要です。

それは性能なのか価格なのか話題性や権威なのか、
他の商品とは違った、差別化できる内容を
まとめて見せてあげる
と良いと思います。

ポスティングのように表裏で分けられる様であれば
表ではポイントとして簡潔に伝え、
裏では少し詳しく本文や図解などを絡めて伝えてあげるなど伝わりやすいと思います。

この時、その差別化の中でも特に優位性のある内容と
そこそこ優位性のある内容は括りや扱いを少し変えて
デザイン上でメリハリをつけてあげることがポイントです。

 

 

 

 

ポスティング広告 伝えたいことの順位付け 3「購入するとどうなるのか」

——

消費者側としては「お金を出したのに、何にも変化がなくムダになる」
そんな事態は避けたいと思うはず。
だからこそ購入後の未来は購入を考える上で大きな判断材料になります。

このポスティングがなんの広告なのか示すためにも
この商品やサービスを購入することでどのような未来へ導けるのか示すのが大事です。
ここがポスティングのメインビジュアル。世界観を決めるポイントになるでしょう。

 

ただ、広告となると言えない表現もかなり多くありますので、言葉だけで伝えるのは困難です。
商品名とイメージ写真や商品・施術写真と組み合わせることで
購入後の体験がイメージしやすくなります。
例えば潤いに関するものであれば、背景や細かなデザイン処理にも水をイメージするテクスチャーやイメージ、透明感のある台紙やアイコンなどで、誌面全体の世界観を作って見ましょう。

 

 

またより「購入するとどうなるのか」わかりやすく伝えるには、
その商品・サービスにおすすめな悩みなどの単語やイラスト写真を入れる、しっかりとしたデータがあれば、合わせて使用後、使用前のような明確なビジュアルと数字を入れてあげるのも効果的です。
これについては表現不可の場合もあるので、前述のような世界観を作ることをマスターすることをお勧めします。

 

 

 

 

ポスティング広告 伝えたいことの順位付け 4「今行動すべき理由」

——

ここまでメリットを提示しても、「まだいいかな」「今じゃなくてもいいか」と、
思われてしまっては集客までつなげることができません。
特にポスティングの場合は、他の不要な郵便物と一緒に捨てられがちな媒体です。
いつでもいいだろうと思われないためにも購入の後押しをしましょう。

そこで必要なのが「今行動すべき理由」です。
例えば
・ポスティング限定コースにする
・期間限定にする
・人数制限を設ける
・そのコースについてくるプレゼントを作る
・クーポン券をつける
など、お得感やこのポスティングチラシを保管しておけるものだといいでしょう。

ここでは目に入りやすい広告の冒頭や値段付近、
電話番号などの予約・購入につながるポイントと合わせて見れるところに表示することがポイントです。

 

 

 

 

ポスティング広告 伝えたいことの順位付け 5「なぜ、それを叶えられるのか」

——

これまでの順位付け4まではポスティングチラシの表面に優先しておくべき内容でした。
余裕のある場合やポスティングの裏面、LP広告の場合ここの説明のわかりやすさが大事になってきます。

いくらメリットを伝えたとしても、ちゃんとした理論や根拠がなければ消費者には響きません
だからこそこの商品・サービスで「なぜ、それを叶えられるのか」をしっかり説明してあげましょう。

しかし、ここで陥りがちなのが、説明だらけで小難しそう、読む気が起きないなどの
消費者を置いてけぼりにするデザインです。説明することに夢中で単調なデザインになってしまうと消費者は読むことに飽きてしまいますし、かといって遊び過ぎてしまっても、しっかりその特徴が頭に入ってきません。

多くの場合、詳しく説明しようとすると、専門用語や成分、マシンなど一般消費者に馴染みがない単語が
多く入ってくるので小難しく見えがちになりますが、
ポイントとなる単語やワードをアイコンなどでタイトルや写真を合わせて見せてあげたり、
本文側にはその機能や成分の基礎知識をわかりやすく図解で表してあげることが必要になります。

この時、説明をするために文章だらけになりがちですが、
4:6ぐらいで写真と説明文の割合を意識してあげると、難しい印象にならず楽しく読めるようになります。

 

 

 

 

ポスティング広告 伝えたいことの順位付け 6「実際の実例」

————————————————————————————

自分に似た環境や状態の実例があると消費者は共感を得やすくなります。
このような共感や説明の説得力をあげるために
使用後、使用前のような明確なビジュアルや口コミのような体験談、記録された数字など
明確に示してあげましょう。

もちろん虚偽や大袈裟に飾り立てるのはNGです。
何ヶ月やって幾らかかって、どのような変化が出たのか、何かデメリットはあるのかなど、
正直に、そして場合によっては多少こちらの負のイメージになるものも含め伝えてあげると、より信頼性のある情報として、想像のしやすい未来のビジョンとして伝えることができます。

この時、色味や重なりで目につきやすくし、消費者に見やすくすることがポイントです。

 

 

 

 

ポスティング広告 伝えたいことの順位付け 7「その他の魅力」

————————————————————————————

これまでは他の商品やサービスと差別化を図れる内容を優先的に述べましたが、
その他の魅力や一般的な機能も必要となる場合があります。

なので優先順位は低いですが、更なる機能のおまけ要素として軽く乗せてあげると、
「こんな特別な機能があったのに、この機能もついているのか」というお得感が出ます。
細かい説明が載せられなくても、写真と合わせてアイコンを置いたり
コメントや言葉で付け加えるのも良いでしょう。
+αということが分かるように世界観を分けてしますのも手ですが
この時、メインの内容より目立ちすぎないように気をつけてください。

以上の項目を意識しつつ内容を組み立て、消費者に伝わりやすいポスティングを目指しましょう。
実際の作例はこちら

チラシで伝えるための極意とは?正しい順位付けの方法について解説!

一目でわかるポスティング広告 伝えたいことの順位付け編

——
今回は「一目見ただけで内容がわかる広告」に注目していきます。

ポスティングチラシやLPなどの広告は、
ただカッコいいデザインを作ればいいというものではありません。
もちろんカッコイイからこそ注目される場合もありますが、
多くの場合、商品やサービスについて消費者に広く知らせ、
人の関心を引きつけ集客するという役割が広告にはあります。

人の関心を引きつけるには、伝えたいことは明確に、
有益な情報をしっかり提示する
ことが大事です。

人と会話をしていても、言葉が足りずに意図が掴めなかったり、
だらだら長いばかりで何言いたいのかわからない…
そんな会話ストレスですよね。

伝えたいことが明確に伝われば消費者もストレスなく有益な情報を得られますし、
より多くの人に自社の商品やサービスを知って購入してもらえることにつながります。

だからこそ、広告において「伝えたいことの順位付け」は
とても大事な工程です。

まず消費者に伝えたいことをしっかり伝えるために優先順位をつけ、
そして重要な順に大きく目立たせたり、色を変えたり、写真やイラストなどを組み合わせることで
内容をより伝わりやすくすることができます。

しかし、この時陥りがちなのが…
全部大事だから、全部目立たせようとして、
それぞれが主張し合い逆に目立たなくなってしまうという現象です。

分かります、大切な商品ですから、
魅力はたくさんあって全部伝えたい気持ち…
でも、ここは少し我慢です。
熱中するあまり怒涛にしゃべって、相手が取り残されてしまわないように。

商品やサービスに沢山魅力があると順位をつけるのも難しいと思います。
でも安心してください。
伝えたいことの順位づけにはコツがありこれさえ覚えておけば、
簡単に話を整理することができるようになります。

 

 

◇順位付けのポイント

  1. 何の広告なのか
  2. どんな特徴があるのか
  3. 購入するとどうなるのか
  4. 今行動すればお得な理由、今行動すべき理由
  5. なぜ、それを叶えられるのか
  6. 実際の実例
  7. その他の魅力

です。
なぜこの順番なのかは「消費者の心の順番」で詳しく説明しています。

 

 

 

ポスティング広告 伝えたいことの順位付け 1「何の広告なのか」

——
ポスティングに限らずLPなどのどんな広告媒体でも
エステやクリニック、美容商材、どんな商品サービスでも欠かすことのできない
一番大切な項目はその広告が
「何の広告なのか」という事です。

どんなに魅力を語っても、「で?何について語ってるの?」となったら
その疑問が頭に残って話が中途半端にしか伝わらなくなってしまいます。

だからこそメインコピーには「何処のどんな商品なのか」を簡潔に
そして最初に目に入るところに置くことがポイントです。

基本的にはメインコピーはこのように一番大事なことを伝えることが多いため
大きく扱うことになります。
しかしコピーが少し長くなってしまった場合には全て大きくしてしまうと、
読みにくくなってしまう
ので、
改行したり、大事なワードだけを大きしたり、ビジュアル文字にするなどの工夫で見易くしてあげるといいでしょう。

この時、メインコピーは読ませる事が一番の目的ということを忘れずに、
読みにくくならない程度の加工に収めるのがポイントです。

 

 

 

 

ポスティング広告 伝えたいことの順位付け 2「どんな特徴があるのか」

——

やはり消費者が気になるのはこの商品ならではの特徴です。
様々な商品がある中で、この商品を選ぶ理由が必要です。

それは性能なのか価格なのか話題性や権威なのか、
他の商品とは違った、差別化できる内容を
まとめて見せてあげる
と良いと思います。

ポスティングのように表裏で分けられる様であれば
表ではポイントとして簡潔に伝え、
裏では少し詳しく本文や図解などを絡めて伝えてあげるなど伝わりやすいと思います。

この時、その差別化の中でも特に優位性のある内容と
そこそこ優位性のある内容は括りや扱いを少し変えて
デザイン上でメリハリをつけてあげることがポイントです。

 

 

 

 

ポスティング広告 伝えたいことの順位付け 3「購入するとどうなるのか」

——

消費者側としては「お金を出したのに、何にも変化がなくムダになる」
そんな事態は避けたいと思うはず。
だからこそ購入後の未来は購入を考える上で大きな判断材料になります。

このポスティングがなんの広告なのか示すためにも
この商品やサービスを購入することでどのような未来へ導けるのか示すのが大事です。
ここがポスティングのメインビジュアル。世界観を決めるポイントになるでしょう。

 

ただ、広告となると言えない表現もかなり多くありますので、言葉だけで伝えるのは困難です。
商品名とイメージ写真や商品・施術写真と組み合わせることで
購入後の体験がイメージしやすくなります。
例えば潤いに関するものであれば、背景や細かなデザイン処理にも水をイメージするテクスチャーやイメージ、透明感のある台紙やアイコンなどで、誌面全体の世界観を作って見ましょう。

 

 

またより「購入するとどうなるのか」わかりやすく伝えるには、
その商品・サービスにおすすめな悩みなどの単語やイラスト写真を入れる、しっかりとしたデータがあれば、合わせて使用後、使用前のような明確なビジュアルと数字を入れてあげるのも効果的です。
これについては表現不可の場合もあるので、前述のような世界観を作ることをマスターすることをお勧めします。

 

 

 

 

ポスティング広告 伝えたいことの順位付け 4「今行動すべき理由」

——

ここまでメリットを提示しても、「まだいいかな」「今じゃなくてもいいか」と、
思われてしまっては集客までつなげることができません。
特にポスティングの場合は、他の不要な郵便物と一緒に捨てられがちな媒体です。
いつでもいいだろうと思われないためにも購入の後押しをしましょう。

そこで必要なのが「今行動すべき理由」です。
例えば
・ポスティング限定コースにする
・期間限定にする
・人数制限を設ける
・そのコースについてくるプレゼントを作る
・クーポン券をつける
など、お得感やこのポスティングチラシを保管しておけるものだといいでしょう。

ここでは目に入りやすい広告の冒頭や値段付近、
電話番号などの予約・購入につながるポイントと合わせて見れるところに表示することがポイントです。

 

 

 

 

ポスティング広告 伝えたいことの順位付け 5「なぜ、それを叶えられるのか」

——

これまでの順位付け4まではポスティングチラシの表面に優先しておくべき内容でした。
余裕のある場合やポスティングの裏面、LP広告の場合ここの説明のわかりやすさが大事になってきます。

いくらメリットを伝えたとしても、ちゃんとした理論や根拠がなければ消費者には響きません
だからこそこの商品・サービスで「なぜ、それを叶えられるのか」をしっかり説明してあげましょう。

しかし、ここで陥りがちなのが、説明だらけで小難しそう、読む気が起きないなどの
消費者を置いてけぼりにするデザインです。説明することに夢中で単調なデザインになってしまうと消費者は読むことに飽きてしまいますし、かといって遊び過ぎてしまっても、しっかりその特徴が頭に入ってきません。

多くの場合、詳しく説明しようとすると、専門用語や成分、マシンなど一般消費者に馴染みがない単語が
多く入ってくるので小難しく見えがちになりますが、
ポイントとなる単語やワードをアイコンなどでタイトルや写真を合わせて見せてあげたり、
本文側にはその機能や成分の基礎知識をわかりやすく図解で表してあげることが必要になります。

この時、説明をするために文章だらけになりがちですが、
4:6ぐらいで写真と説明文の割合を意識してあげると、難しい印象にならず楽しく読めるようになります。

 

 

 

 

ポスティング広告 伝えたいことの順位付け 6「実際の実例」

————————————————————————————

自分に似た環境や状態の実例があると消費者は共感を得やすくなります。
このような共感や説明の説得力をあげるために
使用後、使用前のような明確なビジュアルや口コミのような体験談、記録された数字など
明確に示してあげましょう。

もちろん虚偽や大袈裟に飾り立てるのはNGです。
何ヶ月やって幾らかかって、どのような変化が出たのか、何かデメリットはあるのかなど、
正直に、そして場合によっては多少こちらの負のイメージになるものも含め伝えてあげると、より信頼性のある情報として、想像のしやすい未来のビジョンとして伝えることができます。

この時、色味や重なりで目につきやすくし、消費者に見やすくすることがポイントです。

 

 

 

 

ポスティング広告 伝えたいことの順位付け 7「その他の魅力」

————————————————————————————

これまでは他の商品やサービスと差別化を図れる内容を優先的に述べましたが、
その他の魅力や一般的な機能も必要となる場合があります。

なので優先順位は低いですが、更なる機能のおまけ要素として軽く乗せてあげると、
「こんな特別な機能があったのに、この機能もついているのか」というお得感が出ます。
細かい説明が載せられなくても、写真と合わせてアイコンを置いたり
コメントや言葉で付け加えるのも良いでしょう。
+αということが分かるように世界観を分けてしますのも手ですが
この時、メインの内容より目立ちすぎないように気をつけてください。

以上の項目を意識しつつ内容を組み立て、消費者に伝わりやすいポスティングを目指しましょう。
実際の作例はこちら

検索