店舗集客をする際に必要なことって何がある?

お店を経営していくには、どのように集客するかが大事なポイントです。

結論から言うと、店舗集客に効果的な方法の1つとしてWebマーケティングが挙げられます。

今回は、店舗集客のためにWebマーケティングを検討している方に向けて、Webマーケティングが必要な理由、Web施策の種類や方法、そしてWeb施策の選び方を解説します。

店舗集客にWeb施策が必要な理由


そもそも、なぜ店舗集客にWeb施策が必要なのでしょうか。ここでは、店舗集客にWeb施策が必要な理由を3つ解説します。

 

情報収集の方法がWeb中心になった

若い世代だけではなく、60代70代の方でさえもスマートフォンを利用して情報収集をすることが当たり前の時代になりました。

YahooやGoogleの検索エンジン、Instagram、Twitter、FacebookなどのSNS、そして比較サイトや口コミサイトなどを通じて、消費者は情報を得ています

情報を発信する側も、消費者に合わせてWebを通じたマーケティング施策を出すことで店舗集客につながるでしょう。

従来の集客方法であるチラシ配布やポスター掲示なども合わせて行うことで、相乗効果が期待できますね。

 

O to Oマーケティング施策の増加

オンライン(インターネット)とオフライン(店舗)を連携させてマーケティング施策を実施し、集客する方法が増えてきました。

例えば、サイト上やメルマガなどを通じて、お店で使える10%offクーポンを発行し、実店舗に誘導する方法があります。

 または、お店で買い物をした人に店舗のSNSに登録してもらい、会員登録によってオンラインでのお買い物10%offクーポンを入手できる、という施策もあります

 オンラインで顧客との接点を持っておくという意味でも、Webマーケティングは効果を発揮するといえます。

 

情報の拡散による集客効果が期待できる

Web施策を行なった場合、そのWeb施策に興味を持った顧客がSNSなどを通じて拡散し、新規顧客の集客が期待できます。

例えばTwitterでWeb施策を行うと、リツイート機能で顧客以外の多くのユーザーに情報を拡散することが可能です。

店舗情報もWeb上のリンクがあればLINEやメールで簡単にシェアできるようになりました。

自社の顧客だけでなく、潜在顧客を含む多くのユーザーへ情報発信、そして集客への期待という点からもWeb施策が必要といえます。

 

 

店舗集客を行うためにやるべきWeb施策一覧


では、店舗集客のために効果的なWeb施策は一体何でしょうか。

ここでは3つのWeb施策とその方法をご紹介します。

 

SEO対策でユーザーのアクセスを増やす

SEO対策とは、店舗のWebサイトが検索サイトの上位に表示されるように最適化することです。

ユーザーは検索結果の上位サイトからアクセスする傾向があるので、検索結果の上位にWebサイトが表示されると、多くのアクセス数が期待できます。

方法としては、ユーザーが普段検索ワードとして使いそうなキーワードを設定することや、Webサイト内のコンテンツを良質なものにすること、そしてスマホユーザーでも見やすい画面設定にすることなどが挙げられます。

 

店舗情報を発信するためのSNS

日本で主に使われているSNSは、Facebook、Twitter、Instagram、LINEです。

これら4つのSNSの特徴を理解し、店舗情報を効率よく発信して、店舗集客につなげることがポイントです。

例えばFacebookは実名制のため、ユーザーからの信頼度が高いSNSです。

そのため、Facebookで情報発信するコンテンツは、コメントやいいね、をたくさんもらえるような、ユーザーにとって魅力的な内容にすることをおすすめします。

Twitterは不特定多数に発信できるツールであり、リツイート機能でユーザーが情報を拡散させやすいというメリットがあります。

不特定多数に認知されることを目的にするならTwitterを利用するとよいでしょう。

 

ターゲットユーザーに向けた広告

SEO対策やSNSからの情報発信と違い、広告はある程度のコストがかかりますが、コストをかけられる場合は広告も活用し、より多くの店舗集客に結び付けたいところです。

広告の種類としては、GoogleやYahooで表示されるリスティング広告や、Webサイト内のサイドでよく見かけるディスプレイ広告があります。

またFacebookやTwitter、Instagramにも広告を掲載することができます。

これらの広告はターゲットを絞ってアプローチができるので、お店に興味を持ちそうなユーザーのプロファイルをあらかじめ明確にしておき、効果的に広告を出すとよいでしょう。

 

 

 

自分のビジネスに合ったWeb施策の選び方


前章ではWeb施策の種類や方法を解説しましたが、ここでは自社のビジネスに合ったWeb施策をどう選ぶかについて解説します。

 

KGIに合う施策を選ぶ

KGIとは日本語で重要目標達成指標のことですが、WebマーケティングのKGIとして挙げられるのは、新規顧客獲得かリピート顧客獲得の2パターンがあります。

KGIが新規顧客獲得であれば、前章で述べたSEO対策、SNSを利用した集客、そして広告を出す方法が効果的です。

KGIがリピート顧客獲得の場合は、メルマガや公式LINEを立ち上げて顧客ロイヤルティを高める方法が効果的でしょう。

店舗集客のKGIを明確にして、それに合う施策を選ぶとよいのではないでしょうか。

 

課題に合う施策を選ぶ

ビジネスの商材は、大きく分けると課題解決型興味喚起型に分かれます。

課題解決型の例としては、データ分析をするためのツールや業務最適化のためのシステムなどがあり、興味喚起型の身近な例としては化粧品やインテリア雑貨などが挙げられます。

課題解決型の商材にはリスティング広告やSEO対策が効果的で、興味喚起型の商材にはSNSの運用やYouTube広告が効果的です。

なぜなら、課題解決型の場合はその商材についてユーザーが詳細情報を検索し、情報を得てから購入というプロセスになる一方で、興味喚起型は広告のイメージ・印象だけでも購入につながる可能性があるからです。

店舗集客の場合は興味喚起型のアプローチがふさわしいでしょう。

 

予算に合う施策を選ぶ

KGIに合う施策を選ぶこと、課題に合う施策を選ぶことはもちろんですが、前提としてWebマーケティングの予算にいくらまで使えるのか、そしてROI(費用対効果)はどうなのかを明確にすることも大事です。

例えば、広告を出すアクションをするとしてGoogleやYahooに出す場合とFacebookやTwitterに出す場合など、いくつかのプランを考えてROIを比較し、店舗集客に最適な施策を選ぶというのも1つの方法です。

Web施策の予算と、どのくらいのスケジュール感で実施するのかをあらかじめ決めておくこともポイントです。

 

まとめ


消費者の情報収集がWeb中心になったことから、店舗集客にはWebマーケティングも効果的です。

Webマーケティングの方法としては、SEO対策、SNSの活用、そして広告などがあるので、自社の店舗集客の目的や予算に応じて、最適な施策を選ぶとよいでしょう。

検索