店舗型ビジネスに最適なMEO対策とは?

スマートフォンの普及は、いつでもどこでもインターネットを使うことを当たり前にしました。これは店舗型ビジネスをやっている方にとっては大きなチャンスでもあります。

今回はインターネットで自店舗を見つけてもらうためのWebマーケティング施策の一つ、MEOについてお伝えします。

 

MEO対策とは


地図エンジン最適化という意味を持つMEO(Map Engine Optimization)。GoogleマップやGoogle検索で、「地域名+業種」「近くの+業種」(例:東京駅 和食など)などで検索した際、検索結果の上位に表示させるための対策を指すものです。

Googleマイビジネスというサービスに無料登録するだけで上位表示される可能性があるとして、今、店舗型ビジネスを行う方の中で大きな注目を集めています

MEO対策を行った結果、検索結果の上位に表示され、クリックすると閲覧できるのは次の内容です。

 

店舗情報

所在地(地図表記もあり)、電話番号、営業時間、店舗の紹介、最新情報などが掲載されます。電話番号は携帯電話であればタップしてすぐに電話をかけられます。また、飲食店の場合、イートインやテイクアウト、宅配が可能かどうかも表示されます。また、経路案内やWebサイトがあれば、そのリンクを掲載することも可能です。

ほかにも、店舗の外観、店内の様子、商品、スタッフなどの画像や動画も掲載できます。

質問と回答・混雑する時間帯

ユーザーが質問を投稿できるようになっていて、質問をするとその内容と回答が表示されます。また、曜日、時間帯別の混雑状況がグラフで表示されます。

 

ユーザーのクチコミ

質問とは別にクチコミの投稿もできるようになっています。そのクチコミに対して店舗側から返信することもでき、ユーザーとのコミュニケーションも可能です。

MEO対策を行うべき理由とは?


店舗型ビジネスを行なっている方がMEO対策をやるべき理由はいくつもありますが、中でも主なものとしては次のポイントが挙げられます。

 

利用者の多いマップアプリ上で情報を見てもらえる

2020年7月21日、ニールセンデジタル株式会社が発表した「デジタルコンテンツ視聴率」。これによると、2020年5月時点でもっとも多く利用されている地図アプリはGoogleマップ(月間利用者数4,717万人)です。つまり、MEO対策を行えば、多くのユーザーに自店舗を見つけてもらえる可能性が高まるということになります。

もちろん、その登録した情報はGoogleの通常検索結果の上位にも表示される可能性があるため、より多くのユーザーに認知してもらえるようになります。

 

「地名+業種」「近くの+業種」などローカル検索するユーザーの増加

スマートフォンの普及により、外出先でインターネットを利用する方が増えています。実際、Googleトレンドで「近くの」と調べると、ここ数年で利用者数が大きく増加していることがわかります。MEO対策をしておけば、自店舗が検索を行なったユーザーの選択肢の一つになれる可能性が高まるのです。

さらに外出先でローカル検索を行うユーザーは、今すぐに行きたい場所、店舗を探しているため、来店してもらえる可能性も高いといえます。

 

MEO対策のメリット・デメリット


では、実際にMEO対策を行ううえで得られるメリット、そして、考えられるデメリットについて見ていきます。

 

MEO対策を行うメリット

MEO対策を行う最大のメリットは、検索結果上位に自店舗のさまざまな情報を掲載できるうえ、常に最新情報を提供できる点です。臨時休業やおすすめメニュー、新商品など、通常であれば検索結果画面に表示させられないような情報でも掲載が可能になります。これにより、ユーザーに有益な情報の提供が行えます。

また、MEO対策で検索結果の上位に表示されるのは3店舗までですが、地域によってはまだMEO対策に取り組んでいない店舗も少なくありません。そのため、広告やSEO対策を行わなくても、検索結果の上位に掲載される可能性が高くなります。

 

MEO対策で考えられるデメリット

Googleマイビジネスに登録し、GoogleマップやGoogle検索に表示されるようになると、ユーザーのクチコミも表示されます。そこで悪評が投稿されれば、逆にユーザーに来店を避けられてしまう場合があります。

もちろん、悪質な嫌がらせや違法なコンテンツの投稿など、Googleのポリシーに反するものであれば削除要請が可能です。ただし、投稿された内容が事実であれば、店舗側が悪評だと報告しても削除される可能性は少ないといってよいでしょう。

 

まとめ


MEO対策は店舗型ビジネスを行なっている方にとって、集客の大きな武器となります。もちろん、検索結果に上位表示させるには、Googleマイビジネスへの登録やこまめな情報更新、ユーザーとのコミュニケーションといった手間はかかります。

しかし、地域や業種によってはまだ競合が少なく、通常のWebサイトでSEO対策を行うことに比べれば、コストを抑えたうえで検索結果の上位表示が可能です。

店舗型ビジネスをやっていて、集客に悩んでいる方はMEO対策に力を入れてみることをおすすめします。

検索